平成28年度 山形市歯科医師会「歯と口の健康週間事業」報告
今年度も、山形市歯科医師会の依頼を受け、障がい者福祉施設における無料歯科検診・歯科相談と 同行訪問歯科保健指導を実施した。
 
障がい者福祉施設
訪問先
日時
人数
Dr
DH数
内容

のぞみの家
(岩波)

6/9(木)
13:30-15:00
34
金谷 宏
工藤 理子
5名

無料歯科検診
相談・赤染め
歯科保健指導
※マスコミ取材有り

虹のネットワーク
(八森)

6/22(水)
13:30-15:00
8

大沼 典男

2名

無料歯科検診
相談・赤染め
歯科保健指導

 
のぞみの家 (就労B、生活介護) 
4回目の訪問となる。10代から60代が34名 全員受診
年齢層も若くカリエスフリーは8名 指導の受け入れも可能な方が大半であった。
頬の膨らましなどの運動のできない方が多くみられた。

口腔清掃の状況(のぞみの家)

 

あり

なし

歯垢

30

4

歯石 22 12
刷掃法の改善の必要度 31 3

治療の必要性

 

あり

なし

う蝕の処置

11

23

石歯周病の処置 22 12
義歯の必要度 3 31
義歯修理の必要度 1 33

歯周病の状況

CPIの評価

0 1 2 3 4

人数

9 13 7 4 0
※総義歯一名


虹のネットワーク (生活訓練)
3回目の訪問となる。10代から70代が8名  1名のみ健診を渋るも、全員受診した。
CPI計測不可能者は1名だった。
歯周病の進行者も見られたが、定期通院にてコントロールされている。
施設では食後の歯磨きを利用者に任せているため、歯垢の付着が多くみられた。

口腔清掃の状況(虹のネットワーク)
あり
なし
歯垢
8
0
歯石
5
3
刷掃法の改善の必要度

8 0

治療の必要性

 

あり

なし

う蝕の処置

4

4

石歯周病の処置 7 1
義歯の必要度 0 8
義歯修理の必要度 0 8

歯周病の状況
CPIの評価 0 1 2 3 4

人数

1 1 4 1 0
※計測不可能社一名




まとめ
年齢が行くにつれ、家庭での歯みがきも習慣化されておらず、施設・家庭そして歯科医院、 健診の場などで、積極的に声がけしていくべきだと感じた。 食事時あまり噛まずに飲み込むなど、咀嚼において問題がみられる利用者もみられた。 Drより一人ひとりを褒めていただき、受診者は笑顔を見せた。 従事したDHは最後に受診者の皆さんに、床屋さんや美容院に通うように歯科医院でメンテ ナンスを続けたり、新たに主治医や衛生士と仲良くなって、いつまでも美味しく食べて元気 に過ごして下さいとお伝えした。 今年度もご協力させていただきありがとうございました。 今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願い致します。


記 歯科衛生士 佐藤 奈美